ぐりやブログ

忘れっぽい自分のために。記憶の記録。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 多摩川で走りまくり。 | main | 東京ミッドタウン2 >>

東京ミッドタウン1

 JUGEMテーマ:photo

 先月の事ですが、サントリー美術館で開催の「まぼろしの薩摩切子展」を見に、
六本木へ行きました。

薩摩切子展

リコーのGX200持参しましたが、とても天気が良くて液晶が全然見えない。
最近ファインダーを覗くクセがついてしまったので
とっても撮りにくい・・・。


ミッドタウン1

しかし風がさわやかー。

実はワタクシ、初めてのミッドタウン体験(?)。

ビルやら何やら、何もかもがタカイ!!

上ばっかり見上げて、お上りさん気分満喫です。笑


ミッドタウン2 

どこもかしこもキレイに舗装され、整備されてて広々してる。


ミッドタウン2

母が写っちゃった。笑


さて、肝心の切子展の感想・・・

実際の展示品は薩摩切子だけでなく、江戸切子も含め
日本にガラス(ギヤマン)が伝わった時からの歴史をたどるものでした。

それまでは食器も花器も焼き物しかなかった文化からすれば
透明なガラスはとても珍重されたのでしょうね。

この工芸品の発展には薩摩の島津斉興、斉彬らが大きく関わっていたわけですが、
先日終わった大河ドラマ「篤姫」の余韻もあって興味を持たれた方も多いようでした。
中でも篤姫の嫁入り道具の中にあったという切子の雛道具がとっても素敵。
小さくてかわいらしく、でも全てガラスで出来ていて繊細な玩具だったのかな。

今度鹿児島に行った際には、ぜひ各地の切子館に寄ってみようと思います。

★「東京ミッドタウン2」につづく〜。
今週のリコちゃん | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする