ぐりやブログ

忘れっぽい自分のために。記憶の記録。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 東京ミッドタウン1 | main | 午後の水浴び。 >>

東京ミッドタウン2

 JUGEMテーマ:photo

さて、先月に引き続き、今月の美術鑑賞は「ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち」。

ルーブル展

場所は六本木の国立新美術館です。


国立新美術館1

建物に入ってすぐ。つい上を見上げてしまう。


国立新美術館5

故 黒川紀章氏によるの全面ガラス張り設計。

窓ガラス掃除はどうやるのか、つい気になってしまう私・・・。笑



国立新美術館2

1Fロビーから真上を見た感じ。
全体が吹き抜けで、広々している。


国立新美術館3 

展示されていたベーゼンドルファーのピアノ「エンペラー」(のレプリカ)。
豪華絢爛なピアノ。天使がいる〜!

ピアノの前に人がいっぱいいると思っていたら、なんでも本日急に
「THE ハプスブルグ」の発表記者会見をやるんだそうです。
なんのこっちゃ?と思っていたら、9月からの展示企画の事でした。

オーストリアつながりで(?)ウィーン少年合唱団のミニコンサートも企画されてたようですが、混みそうなのと、もう何度か見ているので(仕事で)今回はパスしました。
ハプスブルグの展示自体はちょっと見てみたいです。


国立新美術館4

連休はさぞ大混雑だったのでしょうけど、この日は月曜日という事もあり
あまりストレスなく見る事ができました。


今回のルーブル美術館展は、多大なコレクションの中から「子ども」をテーマにした
内容となっていました。

エジプトで発掘された古代の少女のミイラから、彫刻、宗教画、肖像画など
あらゆるジャンルの芸術作品や文化遺品が7つの章にわかれて構成されています。

ほほえましい作品、感情的で胸を突く作品、圧倒される作品などなど、
見応えのある展示でした。
音声ガイドを利用しましたが、案内役はなぜか藤村俊二。なぜおヒョイさん!?



東京ミッドタウン7

お楽しみのミュージアムショップ。

なーんと、1回300円のガシャポンがあるのです!

もちろんチャレンジしましたよ。笑

欲しかったのは「台車にのったハリネズミ」か「台車にのったライオン」。
でも残念ながら出てきたのは別の商品(名画のストラップ)でした。

が!!

私の前にやっていた女性が、ストラップが欲しかったらしく
くやしがる私に交換を申し出てくださったのです。

ラッキーでした♪


ちなみに、このハリネズミは子どもの玩具らしいのですが、なんと紀元前のもの。
デザインといい、愛らしさといい、今でも十分楽しめそうじゃないかー。
(実際に使っていたのかは不明。神殿に奉納されたものらしいです。)



そして、道すがらまたミッドタウンに寄り道。

東京ミッドタウン6

先月から目をつけていた5寸皿を購入してしまいました。
5種類あるんだけど、結構高かったので3枚だけ。笑


ちなみに、次回の展示企画は「ルネ・ラリック」だそうです。
しょっちゅうどこかでやっている気もしますが、美しいジュエリーの数々
やっぱり実際に見てみたいです。

今週のリコちゃん | permalink | comments(3) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

はなままさん

 いやー、たまにはいいですね。都会。
でも周りはオシャレOLや素敵な外国人か、観光客って感じですよ。次はデートでたのしみたいです〜・・・。


いちごさん

 もちろんおいしいものも大事ですね。
ミッドタウン内の豆腐ソフトクリームが美味しかった。
たまに行くから楽しめるんですよ、きっと。
アレ?ブログ変更って???
チャコ | 2009/05/15 5:48 AM
ミッドタウン1回行ったけど 見る視点が番いますね〜
私なんて どこに美味しいものあるかなー なんですよ
芸術センスなしです 笑


ブログ変更しています
いちご | 2009/05/14 5:06 PM
私もミッドタウン一回しか行ったことありません。
しかも滞在時間1時間くらい、ご飯食べてた。笑

芸術の秋のようですね。
この時期が、最適かもしれないですね。

わたしもこんな優雅な時間を過ごしてみたいです。
はまのはなまま | 2009/05/13 1:13 PM
コメントする