ぐりやブログ

忘れっぽい自分のために。記憶の記録。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

ややもよろしく!

 こんばんは。


昨日の動画、見終わった後ちょっと悲しくなってしまった方もいらしたみたい。

ごめんなさいねー。


でもでも!今日は明るくて、つい笑ってしまうような動画をお送りしますっ。


とにかく1歳までのややの写真を集めました。

この1本で、やっぺ(家ではそう呼んでます 笑)の天真爛漫な・・・

(あまり物事を深く考えない、とも言いますが)

天然娘っぷりが伝わるかと思います。


動画作り、まだ初めたての超初心者ですが楽しいです!





あ、あれ!?

サイズが大きすぎるみたい・・・。どうしたらいいんだろ。

キレイに見られなかったらごめんなさい!


続きを読む >>
ややについて。 | permalink | comments(3) | -

すっかり秋モードです!


このブログを見に来て下さっている皆様、ありがとうございます。そしてごめんなさい。

随分と更新していませんでした。正確には「出来なかった」というべきか・・・。


グリコが亡くなってもう5ヶ月が過ぎようとしています。

愛する者に会えない寂しさを、どんなに嘆き悲しんでも時間は過ぎて行きます。

そして、お腹も空くし、可笑しければ笑うし、眠れば目が覚める。

生きている私には、あたりまえのことですよね。


正直、悲しみから立ち直れたのかどうか自分でもよくわかりません。

でもそろそろ心の整理をしなければ、と思います。

正視することのできなかったグリコの昔の写真を整理して、片付けて、ちゃんと保存しました。

彼女が生きた証です。



この動画はこんなブログでも、時折のぞきに来て下さっている方々に

あらためてお礼をしたいと思い、作成しました。(見られるかな〜??)


今後もよろしくお願いします。



Good Bye Glico



*この動画は一般公開はしません。このブログからも今月いっぱいで削除します。

飼い主の日常 | permalink | comments(4) | -

お礼にかえて。

 JUGEMテーマ:ボストンテリア

glico.


グリコの死を聞いて来て下さったたくさんの皆様、

コメント、メッセージ、メールでお悔やみの言葉を送って下さった皆様


どうもありがとうございました!!


犬を飼うと決めたときに、生涯を見届けるという覚悟はしていたつもりでしたが

まさかこれほどまでに自分がダメージを受けるとは、正直思っていませんでした。

仕事に集中しているときだけが唯一平常な自分でいる気がします。


それにしても、グリコが繋いでくれた縁に感謝せずにはいられません。

あっという間の9年間でした・・・。


今日は、生前は完成させられなかったグリコの絵。

私の中ではいつも扉の陰からじ〜っとこちらを覗いています。

きっと今でも天国の扉の陰から情けない私を見ているにちがいない。

早く夢に出てきてくれないかな、と思っています。



ややはまだ独りの生活に慣れない様子で、時折寂しそうに部屋から部屋を見て回ります。

グリコの遺体には会わせたのですが、認識できていないみたい。

もう少ししたら、また皆に遊んでもらおうね。


今後もよろしくお願いします。


グリコの日常 | permalink | comments(3) | -

おかえりなさい。

 皆様、グリコの事ではいろいろとご心配おかけしております。
 
温かいメッセージ、本当にありがとうございます。



本日、5月17日(月)午後13時50分頃グリコは永眠しました。



8歳と11ヶ月。あと2週間で9歳の誕生日でした。

正直、それまでもうちょっと頑張って欲しかったし、きっと少なくとも10歳までは
一緒にいられると信じていたので残念でなりません。


経過を簡単にお話します。

14日の金曜日に入院した時点で既に手の施しようがく、対処療法でどこまで症状の悪化を
止められるか、という状態でした。

月曜日に一時退院をするという予定でしたが、翌日の夜に医師より、グリコの意識がほとんどなくなり、体温が下がってきたという電話がきました。
いつ逝ってもおかしくない状況なので、できるだけ早く迎えに来て欲しいとの事。

日曜日の朝一で迎えに行きました。その時点で既に私の呼びかけにも反応なく、
もう息をしているだけ、という様子。
時間の問題であるのは明らかでしたが、それでもグリコはちゃんと家に帰ってきたのでした。


ご存知の方も多いかと思いますが、グリコはとっても内弁慶な子で我が家が彼女の世界の
全てでした。
最後の最後、私の両親や弟にあいさつをすませて逝かせてあげられたのが唯一の救いです。



病院からの帰り道、多摩川の土手沿いにピンクと白のレンゲの花がとてもきれいに
咲いていました。まるで絨毯みたい。

唯一土手の散歩が好きだった彼女に見せてあげたかった。

れんげとグリコ

写真は5年前の今頃。


右のリンクに、昔のグリコのHP「GLIGLI.」があります。

未完成のまま放置していたんでした。

見るときっと泣けてしまう。(今でも泣いてばかりなのに)



これまでグリコに会いにきてくれた皆様、どうもありがとうございました。

本当に、本当にありがとうございました。


グリコの日常 | permalink | comments(18) | -